顧客との「一期一会」の発想

世界一流のワークライフデザイン

顧客との「一期一会」の発想

こんにちは、金田です。
今日も当サイトにアクセスいただき、ありがとうございます!
本日お送りしたいテーマは顧客との「一期一会」の発想、です。今日も自分独自の実体験をベースに3分程度で読める内容にまとめました。では、はりきっていきましょう!

あなたは、顧客との関係において大事にしている信念はありますか?

営業という仕事は、とかく短期目標である数字を求められます。そしてその数字を達成するために営業活動の効率性や合理性も問われます。これが行き過ぎると顧客に対して気持ちがない冷めた営業になります。

これはこれでもちろん重要なことですが、どうしても見失ってはならない視点があると思います。

【それは相手に対する一期一会の発想】

一期一会とは、茶道に由来することわざで「この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という意味。重要なのはこれからも何度でも会うことはあるだろうが、二度と会えないかもしれないという覚悟でお客様には接したい、ということです。(Wikipedia参照)

そして今回特に言及したいのは、今商品やサービスを購入してくれそうもないお客様でも誠意をもって対応し「感じのいい担当だ」「感じのいい会社だ」と信頼を持ってもらえるか?です。

あなたがお客様の立場だったらどうでしょう?
信頼って、数字(実績)とか効率では築けるものではないと思います。

効率化や結果だけを重視する営業オペレーションだとこの発想に行きつかず、活動が場当たり的になります。

逆に一期一会の発想で顧客を大切にする営業活動は、優良見込顧客が必ずできます。短期、中期、長期とお付き合いの仕方を変えながら、数字の目標を達成するのです。

営業の世界ではLostという用語があります。

これは商談に負けたという意味ですが、発想の持ち方を変えてしまえば、それをLostと思う必要はありません。

なぜなら今回の商談がたまたまご縁がなかったとしても、お客様の信頼を得て関係を維持することができていたら、どこかできっと本当のご縁があるからです。

したがって、私はその商談にLostしようがすまいが、一旦築いたお客様との関係は継続していきます。そういった意味で本当の意味で「Lost」する商談はありません。

営業として数字を達成することはもちろん重要ですが、顧客への接し方に信念を持つことはもっと大切です。

 

【グローバルビジネスのノウハウをメルマガに!】

英語が身につかない「3つのない」
「時間がない」「続かない」「実践の場がない」を解決!

まずは日本語から始め、
1. 日本語(日本語ノート術を伝授)
2. 日本語+英語 (まずは1行から)
3. 英語 (徐々に100%英語に)
と順を追ってお話ししていきます。

英語ノート術をある程度紹介した後は、私のノートに「虎の巻」として蓄積している3,000以上のノウハウ(今なお、増加・蓄積中)の中からリアルなグローバルビジネス体験談と様々なグローバル流仕事術、そしてフレームワークを発信していきます。

金田博之のたった一行からはじめる超実践的【英語×ノート術】
こちらからお立ち寄りください。

 

【人生戦略の7つの戦略テーマに沿った体験談を!】

金田博之 Official Website “Think Globally, Act Locally” を最後までお読みいただきありがとうございます。私のブログは、私が作成している「人生戦略」の7つの戦略テーマに基づき、「40 代で年収が下がらない(むしろ劇的に上がる)」ための世界一流のワークライフデザインを実現する7つの極意にフォーカスして一日一日の行動を綴っています。

私の「人生戦略」とブログの全体構成

ぜひ定期購読される方はこちらからFeedlyで読者登録ください!あるいは、私のFacebookページで更新内容をお伝えしており、タイムリーに情報をキャッチできます。こちらからお気軽にご登録ください。

今日も明日も、あなたにとって、私にとって、よい一日でありますように! お互い切磋琢磨していきましょう。

【その他情報発信のご案内】

メルマガ登録 Facebook Twitter

Feedlyで購読 書籍 メディア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク

スポンサードリンク





PAGE TOP